FC2ブログ

白杖について

2015.07.29 14:23|【日々徒然】
こんにちは、ソラスタッフ(視覚障がい)です。

 私は普段、外出する際に「白い杖」を使っています。
昔に比べるとかなり世間にも知られるようになりましたが、
いまだに「棒」などと呼ばれることがあります。

また、この「白い杖」は
ご高齢の方や足に障がいをお持ちの方が使用する「杖」とは違います。

私たち当事者の間でも普通に「杖」と言うことがありますが、
区別するためにも「白杖(ハクジョウ)」と呼んでいます。
肩幅ぐらいの距離で、左右に振って
目の前に障害物がないか、
左右に溝がないかなどを確認します。

階段の上り下りの際は、白杖を斜めに持って、
段の縁に白杖の先を当て、段を確認します。
白杖(階段のぼり時)白杖(階段くだり時)





また、白杖には大きく分けて2種類あり、
「直杖(チョクジョウ)」と「折りたたみ式」があります。
白杖(折りたたみ時)



直杖のほうが丈夫ですが、
私はコンパクトな折りたたみ式を使っています。
折りたたみ式白杖は、
少しの衝撃で曲がったり折れたりしやすいため、
常に予備を持ち歩くようにしています。


最近は歩きスマホなどで、
前を見ておられない方が多くなったように感じます。
前を見ずに走ってきてぶつかると、
白杖が曲がるだけでなく、大けがにも繋がりかねません。
私たちも人通りの多い駅や、
自転車や交通量の多い道は
特に神経をつかいます。

昨年秋、スマホを見ながら歩いてきた男性が、
歩いていた女子高生の白杖にひっかかって転倒したことに腹を立て、
女子高生の足にけがを負わせる事件が大きく取り上げられました。


「明日はわが身」との思いを日々感じつつ、
白杖の意味と役割について、
改めて知ってほしい、との思いから書いてみました。
スポンサーサイト



★SORAって、こんなところ★

障害者地域活動スペースSORA

障害者地域活動スペースSORA
in 大阪府枚方市

いつ来て、いつ帰ってもいい、
ふらっと、立ちよってもらえる
居場所的なところ。  
困りごとを、相談することもできます。

くわしくは、下のページをクリック!

<SORAって、どんなところ?>
<SORAの場所と時間>
<SORAでは、相談もできます>

お問い合わせ

<SORA及び相談支援の利用、わらしべ会へのお問い合わせ>

SORA、相談支援、その他わらしべ会の事業のご利用等に関するお問い合わせは「社会福祉法人わらしべ会」ホームページ内メールフォーム、または同ホームページ内に記載してある電話番号・またはFAX番号までご連絡ください。


社会福祉法人わらしべ会の
ホームページはこちら↓

【社会福祉法人 わらしべ会】

<ブログに関するお問い合わせ>

ブログの内容についてのご意見・感想、お問い合わせ等がございましたら、下記メールフォームをご利用ください。

カウンター

メールフォーム

ブログに関するお問い合わせはこちらです

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ