FC2ブログ

10・30*ピープルと玉露「き+き=?」

2020.10.30 13:00|未分類
金曜午後は、そらいろブログ♪
第5金曜日の、今日はピープルさんです!
   
     ピープルさん
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ピープルと玉露「き+き=?」

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

世間では巣ごもりキャンペーンなるものと、
GOTOキャンペーンなどがにぎやかなようです。
北風と太陽みたいで面白いなと思ってしまいました。

    monogatari_kitakaze_to_taiyou.png

北風と太陽は有名な童話ですが、
何事も強制的にやらされるより、
ゆっくり説得することの方が効果的だという話ですね。
説得というか、自分からやりたくなるような環境設定が
大事だと言われています。

    yaruki_moeru_man.png

この「北風と太陽」や「アリとキリギリス」など
400以上もあるイソップ寓話(物語)の作者とされる
イソップ(アエソーポス)は2600年以上も前の人物だそうです。

     ancient_greece_man.png

日本では、1593年(文禄2年)に
『イソポのハブラス (ESOPO NO FABVLAS)』として紹介されたのが始まりで
江戸時代初期から『伊曾保物語』として各種出版され、普及し、
その過程で「兎と亀」などのように
日本の昔話へと変化したものもあります。

物語には、教育的な要素が大きく、
誰もが覚えやすいお話で大事なことを
学んでもらうツールと言えるのではないでしょうか。
日本人ならたいていの人が
「アリとキリギリス」や「北風と太陽」のお話は覚えています。
これって、実は教育学的に見るとすごいことらしいです。

    aritokirigirisu.png

ピープルがいちばん印象的だったのは「欲張りな犬」というお話で、
肉をくわえて橋を渡っていた犬が、
川の中に自分よりも大きな肉をくわえているのを見つけます。
大きな声で吠えることで、その肉をうばう魂胆でしたが、
口を開けた途端に自分がくわえていた肉も川の中に…。
欲張ってはいけないこと、
他人のものがうらやましく思えるというお話でした。

    図1

物語だけでなく、ことわざというのも
学習ツールとしては楽しみながら、
言葉の意味を考えるものだと思います。

小さい頃にことわざのカルタで遊んだ経験をお持ちの方も多いと思います。
「計画段階では賞賛されていても
いざ実行となると困難なことを意味することわざは、何の首に鈴を付ける?」
という問題があります。
答えは「猫」なんですが、
ことわざを使って脳トレクイズを楽しむこともできますね。

わが家ではクイズや脳トレの番組を見るのが好きなんですが、
息子が「この問題が解けるかな?」と出してきてくれたのがコレ。

き+ぐ=き

ぐ+ぐ=ぐ

き+き=?


?に入る文字を答えなさい。
なかなか、いい問題だなと、感心しました。


     ピープルさん

皆さんおわかりでしょうか。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

 金曜午後は、そらいろブログ♪
 来週の第1金曜日、11月6日13時に更新。
 記者は、くらげさんです。
 お楽しみに♡




スポンサーサイト



★SORAって、こんなところ★

障害者地域活動スペースSORA

障害者地域活動スペースSORA
in 大阪府枚方市

いつ来て、いつ帰ってもいい、
ふらっと、立ちよってもらえる
居場所的なところ。  
困りごとを、相談することもできます。

くわしくは、下のページをクリック!

<SORAって、どんなところ?>
<SORAの場所と時間>
<SORAでは、相談もできます>

お問い合わせ

<SORA及び相談支援の利用、わらしべ会へのお問い合わせ>

SORA、相談支援、その他わらしべ会の事業のご利用等に関するお問い合わせは「社会福祉法人わらしべ会」ホームページ内メールフォーム、または同ホームページ内に記載してある電話番号・またはFAX番号までご連絡ください。


社会福祉法人わらしべ会の
ホームページはこちら↓

【社会福祉法人 わらしべ会】

<ブログに関するお問い合わせ>

ブログの内容についてのご意見・感想、お問い合わせ等がございましたら、下記メールフォームをご利用ください。

カウンター

メールフォーム

ブログに関するお問い合わせはこちらです

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ