FC2ブログ

4.2 くらげのクラクラひとりごと

2021.04.02 12:11|★本・雑誌・映像
金曜午後は、そらいろブログ♪

20200702214156199.png

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

くらげのくらくらひとりごと

20200702214156199.png

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ほん(本)のちょっとコーナー・拡大版

加納 土・著『沈没家族 子育て、無限大。』に魅かれました!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
-90年代の東京、シングルマザーの穂子(著者の母)は共同で保育をはじめた。
 大人になった著者は、かつての保育人たちに出会いなおしていく。
 家族をめぐる、ちょっと変わった旅の記録。(出版社より引用)-
     本の詳細が知りたい方はここをクリックしてください
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

生後8か月、著者・加納土さんの母親・穂子さん(22歳)が、
保育人募集のチラシを作り蒔いたことから、沈没家族はスタートします。
時は1995年、場所は東中野。
「子育てなんて一生できないかもしれませんよ」という穂子さんの殺し文句で
チラシではなく人が人を呼び、集まり、シフトを組み、気づいたことを書く保育ノート、
月一回保育会議、フリーペーパーも発行されます。
たまたま拾ってきた政治家のビラに「今の日本は家族の絆が薄くなっている。・・
男は外に働きに出て女は家を守るという伝統的な価値観がなくなれば
日本は沈没していく」とあり、それでは私たちのやっていることは沈没家族だねと、
フリーペーパーの名前となりました。

穂子さんから保育人に対し、こうしてほしいということはなく、
できることをできるだけ、それぞれでかかわってほしいということだけ。
子育て経験のない人たちが、自分一人で、泣きわめく子どもと対峙する、
能動的に子育てに立ち向かう・・膨大な映像や文書記録が残されました。

筆者は、2歳半まで沈没家族での共同保育、8歳まで母子2組と若者数人での共同生活、
18歳まで穂子さんとふたりで八丈島で暮らしました。
沈没家族をテーマにした大学の卒業映画作り、その後劇場版の制作を通じて、
共同生活でともに育っためぐさん、保育人たち、別に暮らした父親、
母親の穂子さんにインタビューし、
残された資料と合わせ、この本を書きました。

160103_035a_TP_V4.jpg


沈没家族当時、母親の穂子さんは写真の専門学校に通いながら、
水道の検針員の仕事をし、月収14万にプラス児童手当等5万円でアパート暮らし。
経済的にはかなり苦しく、保育人とはお金のやり取りはなく、
食事とビールくらいはふるまっていました。
世界には様々な大人がいて、価値観もそれぞれ、筆者は選ぶことを学び、
いつも大人の誰かがいてくれる、みていてくれる安心感の中、
飢えることなく生き延びることができたと語っています。

保育人募集のチラシに
"私は、土に会いたいから土を生んだのです。
ハウスに閉じこもってファミリーを想い、
他者との交流のない生活でコドモを(自分も)見失うのは、
まっぴらゴメンです"とあるように
穂子さんは、血縁など閉じた集団からの解放を求め、今も、
八丈島で、月一回、
ヘルパーとしてかかわった利用者他様々な人が集まり、
皆で考えた企画をしたり、飲み食いする「うれP家」をしています。
同時に、社団法人「八丈島ドロップス」を
仲間とともに立ち上げ活動しています。
地域活動支援センター[よごけん]と
自然養鶏[とーとーめ]とヘルパーステーション[ドロップス]の三事業です。

aomidori0I9A8962_TP_V4.jpg


かつて、労働運動をはじめさまざまな社会的課題の解決を目指し、
社会運動が盛んだった時代があります。
障害者の解放運動、自立を応援、支える介護者の集団もありました。
"沈没家族"は、共同保育を目指す運動のひとつかもしれませんが、
思想的には一つに集約されずゆるく、
それぞれの求めに応じ、
集まり、かかわっていたようです。
そこに行けば誰かがいる酒が飲める、子供と触れ合える、癒される、
こころの調子が悪くあまり交流したい気分じゃなくても、そこに行けば落ち着く
社会的な意義を感じる・・など。
時代の社会構造からくるニーズとともに、社会運動があったからこそ、
育児の社会化で保育所が整備され、
介護の社会化で介護保険、障害者総合支援法が制定されてきたのでしょう。
まだまだどちらも不十分ですが。
ただ、これから(実質はアフター・コロナかもしれませんが)、
求められていくのは、
ゆるーいつながり、そのままの存在でいることが許され、歓迎されている空間かもしれません。

開かれた風通しの良い
"そよ風のようなひととのつながり"にくらげは魅かれます。
家族の形もたくさんあっていいし、なんなら、家族と呼ばなくてもいい。
ひらかれたひととひととのつながり、集まり・・
そこに育児、介護も含めることはできないでしょうか。
決して、きれいごとでは収まらないことは分かってはいても夢みてしまいます。
くらげの、閉じた集団に対する恐怖、嫌悪感はあまりに強くあります。
いったいどこからくるものなのか自分でもわかりませんけれど。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

 金曜午後は、そらいろブログ♪
 来週の第2金曜日、13時に更新。
 記者は、しおりんさんです。
 お楽しみに♡
スポンサーサイト



3.5 クラゲ

2021.03.05 13:00|★本・雑誌・映像
金曜午後は、そらいろブログ♪

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

くらげのくらくらひとりごと

20200702214156199.png

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
Specialな時間へ


"人はパンのみにて生きるにあらず"は、新約聖書にある言葉で、
物理的欲求だけでなく、神の言葉によって生きるという意味です。

コロナ禍で、貧困問題がより深刻になっている現在、
2030年達成目標めざすSDGsの中にも明文化されているように
人類全体で生き延びる術を
国内であれば例えばベイシックインカムの議論等もと、
先ずはパンの確保が求められています。

そして、生きていくうえで、文化、芸術、音楽、スポーツなど、
もちろん宗教も含まれるでしょう も欠かせないものです。
自粛期間にどれだけの人が音楽に慰められたことでしょう。
クラゲもオンライン・ライブに心震わせたひとりです。

その中にあって、スポーツにはほとんど縁がありませんでした。
小学校の間は、皆に混じって、ドッチボール、バスケットボール
ソフトボールもしました(?)。ボールを手にすることはなく、ただ居ました。
ゴール近くにスタンバイし、マラソンに加わりました。
水着に着替え、地獄シャワーを浴び、プールの水に浸かって上がりました。
が、クラゲがしたスポーツらしきもの(?)はそこまででした。
それ以降は、体育の時間は体操服に着替えて見学でした。
それで単位がもらえ卒業できましたから、むしろ感謝すべきなのでしょう。
スポーツはするものではなく、見るものでもなくなりました。
苦手が、嫌いに、そして関心もなくなりました。
テレビのニュースとして流れてはいきます。
社会人になって、唯一、贅沢としてとっている新聞、
スポーツ欄が読まれず、もったいないほどです。
関西に住むものとして恥じるべきかもしれませんが、プロ野球は
通常番組放映を邪魔するものでしかありませんでした。

何を思ったのでしょう。
昨年の全米オープンテニスで、
知り、考え、語りあって欲しいとのメッセージを込め、
警察などの暴力で命を落とした黒人の名前を記したマスクをし、
各試合に臨み、優勝・・。
彼女のポリシーある試みと実現に、心奪われたからでしょうか。
全豪オープン、大坂なおみ選手とJ.ブレディ選手の女子シングルス決勝戦をテレビでみました。
テニスはルールも知らなかったことに気が付きました。
それにもまして、プレイのひとつひとつに、わくわく、ドキドキしました。
たたえあい感謝を伝える試合後のスピーチに、うんーとうなりました。
いつもの土曜日夕方のひとときが、二人のマジックでspecialに変わりました。
thumbnail_sports_tennis_woman_202103030930215b6.jpg

スポーツって、見るだけで楽しいと思えたのはラッキーでした。
大坂なおみ選手、ありがとう!

オリンピック、パラリンピック大会 実施の行方は分かりませんが、
そろそろ国を背負うことをやめ、個人参加としてのスポーツ国際大会にならないかなあ・・
くらげの遠い遠い夢物語なのでしょうか・・。


ほん(本)のちょっとコーナー
「逆ソクラテス」 伊坂幸太郎・著

クラゲにとって、伊坂幸太郎は、村上春樹、東野圭吾と同じラインにあり、時々しか読みません。
(ファンの方、申し訳ありません)
小学生を主人公にしたこの本は、ちょっと光っていました。
パワハラ問題が絶えないスポーツ界にも一石を投じてくれているような作品。
分かりやすくって小学生も楽しめますし、大人もかみしめたい言葉がちりばめられていました。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

 金曜午後は、そらいろブログ♪
 来週の第2金曜日、13時に更新。
 記者は、しおりんさんです。
 お楽しみに♡

2・26 ぴーぷるの面白い本紹介

2021.02.26 13:00|★本・雑誌・映像
みなさん こんにちは ぴーぷるです
ピープルさん


先日、小学五年生の息子が国語の教科書にのっている話を聞かせてくれました。
音読の宿題だったのですが、話を聞いていると引き込まれました。
「弱いロボットだからできること」というお話でした。

eye_ganseihirou_book_man.png

著者の岡田美智男さんはロボット(ヒューマン・ロボット・インタラクション)の研究者です。
ふつうは世の中を便利にするための「道具」として機能するロボットを
想像してしまいがちですが、この人の研究するロボットは違います。
自らはごみを拾えない「ゴミ箱ロボット」やたどたどしく話す「トーキング・アリー」、
一緒に手をつないで歩くだけの「マコのて」など変わったものばかり。
一見すると「ダメなロボット」には周囲を巻き込む力が存在するようです。

弱いロボットの思考

ロボットと環境、そしてそこにいる人との相互関係が働くことで
化学反応のようなコミュニケーションが生まれることがわかってきました。


重層的支援体制整備事業というものが厚生労働省から示されました。
地域共生社会の実現ということを目指し、相談支援・参加支援・地域づくりの3本柱で
支えられる側と支える側という形で立場が一定になるのではなく、
支えられる側も支える側に回ることができる環境づくりを前面に説明されています。
重層的支援体制整備事業


方向性としては非常に良いのですが、実現させる方法として居場所づくりなどが
ピックアップされているものの、あまりピンときませんでした。
しかし、この弱いロボットの考え方に照らし合わせてみることで少し解決法が見えるかもしれません。

日本人の多くは誰の手助けも借りずに一人でできることを「自立」と
とらえて育ってきている文化があります。
しかし、東大の熊谷晋一郎さんの示す自立論では
「自立する」とはむしろ依存先を増やすことだととらえている。
私たちの暮らしは電力、水道などのライフラインをはじめ、飲食物なども
自給自足しているわけではなく、誰にも依存せず生きている人はいませんよね。

自立は、依存先を増やすこと 希望は、絶望を分かち合うこと

障害者とはその依存先が限られてしまった人たちのこと。
ロボットの歩行研究では地面との協力関係がないと歩くという行為を実現するのが難しい。

他者や環境の力を借りることを前向きにとらえなおしてみると「ゴミ箱ロボット」のように
自分ではごみを拾えないので他者を巻き込んで拾ってもらうことも目的達成の手段。
ちょっとずるいけれど、思わずごみを拾ってしまうシチュエーションはなぜ生まれるのか。

環境をうまく利用して、人のやさしさや応援、工夫を引き出す。
参加した人の達成感や満足感を生み出している。
お互いの弱さを補いつつ、その強みを引き出しあう。
相手の身になれる、相手を気持ちによりそえることが期待できる。

弱いロボットの5つのポイントとして
・他者からの関りやアシストを思わず引き出してしまう
・一緒に合目的的な行為を組織する
・お互いの調整の中で疎通しあう
・手伝ったほうもなんだかうれしい
・相互のかかわるためのコツを見出す

ひとりでできることが孤立につながるなら
誰かに「手伝って~」と甘え上手になるのも、社会に求められている役割なのかも…。

昔の長屋文化のようなものが、今の時代に合わせてブームにならないでしょうか

インドでは人が生きている限り、誰かに迷惑をかけたり、助けを求める
だからあなたも周囲を助け、迷惑をかけられても怒らないようにと育てられるそうです。
日本では「人に迷惑をかけるな」と教えられますが、そこから見直しをはじめてみましょう。

難しいかな~。

10・2*映画「スペシャルズ!」を見に行ってきました

2020.10.02 13:00|★本・雑誌・映像

金曜午後は、そらいろブログ♪

〈 10月の金曜日の更新 〉
 10月2日 「映画『スペシャルズ!』を見に行ってきました」 ←本日のこのページ
 10月9日 しおりん
 10月16日 SORADIO
 10月23日 どんぐり
 10月30日 ピープル

本日は、はじめての登場、”わらしべ会の河村隆一”!?記者です!
      
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

映画「スペシャルズ!」を見に行ってきました

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

先日、友人と一緒に『スペシャルズ!』
という映画を見に行ってきました。
  
  kandou_movie_eigakan.png

この映画は自閉症の方々を預かる施設のお話で、
実話を基にしたストーリーとなっています。
ドロップアウトした若者を更正させる施設と共同し、
自閉症の方々と過ごす日々が描かれており、
自閉症者自身、その家族、施設で働く若者、
病院関係者などの目線にたって、
それぞれの思いや現状が映画の中で表現されています。

  図1

この映画を見て思ったことは、
支援する中で起きる問題点は日本でも共通しているものが多く、
資格を持っていない若者達が自閉症の方々と過ごす中で、
世間の壁にぶつかりながら、
不器用でも一生懸命に向き合っていく姿は
とてもかっこよく感じました。

自分も今、福祉に関係している仕事をしていますが、
目先の業務に追われていることもあり、
本来一番大切な支援が疎かになってしまっていないか、
改めて考えさせられる映画でした。

  unnamed.png


****ここから、少しネタバレ*****




少しネタバレになってしまいますが、
これまで電車通勤ができなかった利用者が
目的地の駅まで一人で来ることができたシーンで、
利用者と職員が歓喜し合った時、
その利用者が駅にある緊急停止ボタンを押してしまい、
みんなで『逃げろー!』というシーンがあるのですが、
利用者と職員が一丸となっている感じが表現されていて、
個人的に一番印象に残っています。




****ネタバレ、ここまで!****


残念ながら近くの映画館では、上映期間の終了がせまっています。
もしレンタル等で見る機会があれば、是非ご覧下さい。

  entertainment_movie.png

”わらしべ会の河村隆一”でした!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

映画「スペシャルズ!」の上映について(10月1日時点)

大阪では、梅田の”大阪ステーションシティシネマ”
京都では、四条の”京都シネマ”で公開中です。
いずれも、10月8日前後までの上映予定となっているようです。
お出かけの際には、事前に上映予定をご確認ください。
   
   medical_mask02_girl.png
また、コロナ対策のため、各劇場では、
マスク着用、検温、座席減数等が実施されています。
感染予防に、協力しましょう!


【吃音(きつおん】ほんの少しだけ興味を持ってもらえれば

2016.04.12 10:30|★本・雑誌・映像
こんにちは!
寒い冬も過ぎて、桜の咲く暖かな季節となりました。
入学や進級、入社、異動など、みなさんそれぞれ、新生活を迎えている方もいらっしゃると思います。

テレビ番組も新しいものが続々と始まっていますね。


そんな中、今期のドラマの中に、障害を扱ったものがあったので
今回の記事では紹介をしたいと思います。

タイトルは、「ラヴソング」
フジテレビ系で月曜夜9時から放送のドラマ、いわゆる「月9(げつく)」というやつです。

放送されるまでは分からなかったのですが、
第1話で、ヒロインが「吃音(きつおん)」という障害を持っている設定だとわかります。


吃音とは、簡単にいうと
言葉を円滑に出すことが困難な障害です。
言葉が流暢に出ず、喋りにくさを特徴とします。言いたい言葉が頭で分かっていてもなかなか出てこない、といった症状があります(個人差があります)

一般的には「どもり」と言われているので、そちらの呼び方で聞いた事のある人の方が多いかもしれません。


このドラマでは「吃音」をメインでずっと描かれているわけではないのですが
「吃音」に対して興味を持ったり、調べたり、理解しようとする人が増えるきっかけになればいいなと思います。


描かれ方は様々ですが
他にも、「吃音」が出てくる作品はあるので
いくつか紹介させていただきます。



興味がある方は、一度ご覧になってはいかがでしょうか。






分かりやすいように、Amazonの商品へのリンクを貼っています。

■映画■

「青い鳥」
製作年:2008製作国:日本監督:中西健二主演:阿部寛
青い鳥 [DVD]
青い鳥 [DVD]
posted with amazlet at 16.04.13
バンダイビジュアル (2009-07-24)
売り上げランキング: 68,177


こちらは原作の小説があります
青い鳥 (新潮文庫)
青い鳥 (新潮文庫)
posted with amazlet at 16.04.13
重松 清
新潮社
売り上げランキング: 7,993



「君に読む物語」
製作年:2004製作国:アメリカ監督:ニック・カサヴェテス主演:ライアン・ゴズリング
きみに読む物語 スペシャル・プライス [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) (2013-12-03)
売り上げランキング: 1,266



「英国王のスピーチ」
製作年:2010製作国:イギリス/オーストラリア監督:トム・フーパー主演:コリン・ファース
英国王のスピーチ スタンダード・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D) (2012-08-02)
売り上げランキング: 1,132



「アントキノイノチ」
製作年:2011製作国:日本監督:瀬々敬久主演:岡田将生
アントキノイノチ DVD スタンダード・エディション [DVD]
ポニーキャニオン (2012-05-25)
売り上げランキング: 81,906



■漫画■
「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」
作者:押見修造
太田出版全1巻
志乃ちゃんは自分の名前が言えない
押見 修造
太田出版
売り上げランキング: 5,346







ドラマ「ラヴソング」
公式ホームページは■■こちら■■



オーストラリアの歌手、メーガン・ワシントン氏が自身は吃音だということを告白し、TVで放送されていました。


彼女の歌をひとつ紹介
★SORAって、こんなところ★

障害者地域活動スペースSORA

障害者地域活動スペースSORA
in 大阪府枚方市

いつ来て、いつ帰ってもいい、
ふらっと、立ちよってもらえる
居場所的なところ。  
困りごとを、相談することもできます。

くわしくは、下のページをクリック!

<SORAって、どんなところ?>
<SORAの場所と時間>
<SORAでは、相談もできます>

お問い合わせ

<SORA及び相談支援の利用、わらしべ会へのお問い合わせ>

SORA、相談支援、その他わらしべ会の事業のご利用等に関するお問い合わせは「社会福祉法人わらしべ会」ホームページ内メールフォーム、または同ホームページ内に記載してある電話番号・またはFAX番号までご連絡ください。


社会福祉法人わらしべ会の
ホームページはこちら↓

【社会福祉法人 わらしべ会】

<ブログに関するお問い合わせ>

ブログの内容についてのご意見・感想、お問い合わせ等がございましたら、下記メールフォームをご利用ください。

カウンター

メールフォーム

ブログに関するお問い合わせはこちらです

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ