FC2ブログ

7・29 しおりんブログ

2020.07.29 16:34|【日々徒然】

    こんにちわ ピアカンのしおりんです   しおりん イラスト

  今日は私の休みの日の過ごし方のお話をしたいと思います。

  私は友達と遊びに出かけるのが好きです。

  行く場所はカラオケや映画館やライブハウスは居酒屋など

  居てみたいところには積極的に出かけます。

  今ではどこへでも出かけていけるようになりましたが

  最近まではなかなか一人で外に出られませんでした。

  私が出かけるようになったキッカケは高校生の頃です。

  それまでは一人で外にでるのが怖くて

  なかなか勇気が出ませんでしたが
  
  友達が『駅員さんに介助を頼んで電車に乗ってみたら?』と言ってくれて

  電車に乗って少しずつ出かけられるようになりました。

  初めて自分の力で電車に乗って友達に会いに行けた時は

  とても嬉しかったのを覚えています。

  私が出かけられるようになったのは友達のおかげです。

  これからは外出での困ったことや楽しかったことなでのエピソードを発信できたらと思います。

  
   やっぱり、何事も“初めて”は緊張したり、不安になったりするよね。
   勇気を出して、一歩踏み出す事が大事・・・分かってるけど・・・やっぱり不安・・・。
   自分のタイミングで焦らずゆっくりで良いと思いますょ  
                                   20200625081016978_page-0001.jpg by 木の葉
スポンサーサイト



【視覚】 京都門香所  お香&お茶でまったり❤ほっこり !!

2019.10.25 14:51|【日々徒然】
    こんにちわ ピアカンのカオリンです かおりん1

  何をするにも気持ちのよい季節ですね♪

 ずいぶん前の話題になりますが…

 去る8/10(土)、通常は第2土曜日なので点字サークル「ステップ枚方」の活動日なのですが

 この日はお休みして3名のメンバーと 「お香体験」 に行ってきました。

  京阪 三条から徒歩で行ける距離ではありましたが、

 暑いので一駅だけ地下鉄に乗って 「市役所前」 からすぐのところにありました。

 カフェの女性がお香を利くときの 「持ち方」 を説明してくださり、30分ほど楽しむことができました (´艸`*)

  不思議だったのは、最初と5分後・15分後(そこまで厳密に計ったわけではありませんが…)で、

 少しずつ香りが変化していたことでした (´▽`*)

 柑橘類のような香りを楽しみながら、日本茶とマカロンをいただきました (´∀`*)ウフフ

  お盆が近かったこともあり、静かな空間で、心穏やかな時間を過ごすことができました (*^。^*)

 この日は、枚方も京都も 38度 を超える酷暑だったようですが、ひと時、暑さも忘れさせてくれるような空間で

 行って良かった…(*^-^*) と思える体験でした。

 さすが・・・京都は “涼” を楽しむ演出が素晴らしいですね♬

【視覚】 初体験 (*^^)v 『ブラインドボクシング !』

2019.05.13 15:42|【日々徒然】
     こんにちわ♬ ピアカンのカオリンです。

  今回は、久しぶりの「体験談」です (*^。^*)

   ブラインドボクシング=視覚障がい者のボクシング・・・

 皆さん、ご存知ですか?

  “ボクシング”は格闘技のイメージから映像を見た記憶のない私ですら
 
  「殴り合いをする。ちょっと怖い物」というイメージがありました。

 昨年、名古屋での大会に出場した友人の応援に行って

 上記のイメージがガラリと変わり・・・→“面白そう”と感じました (´▽`*)

  名古屋での練習会が中心のようなのですが

 21日(日) の午後、京都府内で『体験会』があったので参加してきました (*^^)v

  
    楽しみでもあり、“0”からの体験で不安でもありましたが

 始まってみると、そんな不安はどこへやら・・・(´艸`*)

 6名の参加者のうち、私と同じような “物を見た記憶がない” メンバーが他に2名いましたが

 そんな私達にボクサーの方や、ボクシングジムを開いておられる方が中心になり

 手取り足取りで丁寧に教えてくださいました。

 ファイティングポーズ・パンチ・ジャブ・アッパー・フック

 それぞれの手や指の形や動きを知ることができ、嬉しかったです (*^▽^*)

 また、3種類のガード(防御姿勢)も教えてもらいました。

  最後に1人2分ずつの “実践” (試合?)をしました。

 トレーナーの方が、首に3つ程の鈴を付けて、あちこち動き回ります。

 その音を追って、近づいたらこちらから一方的にパンチを繰り出します。
 
 実際の大会では、どれだけのパンチが当たったが

 合間に防御姿勢の番号を審判に言われるので、正しく出来ているかも

 得点の対象になります。

 軍手の上からグローブをはめて、アイマスクをして

 パンチが当たったときは爽快でした ヽ(≧∀≦)ノ

 いい汗をかいてストレスも発散できる楽しい時間でした!

 今度は名古屋での練習会にも参加したいと思っています。

  
   ブラインドボクシング協会 -Jimdo
   https://blindboxing.jimdo.com

  その他、体験会の様子を紹介した動画があがっています。

  また、以前には、NHKのニュースや情報番組でも取り上げられています。

  ご興味のある方、是非探してみて下さいね (*^▽^*)♫

桂 福点さんの講演会

2018.10.03 15:46|【日々徒然】
   こんにちわ (*´▽`*)

  今年の秋はあいにくのお天気が多く、お出掛けがちょっと億劫になりそうですね (;´Д`)

 とは、言っても、やはり心地良くお出掛けにピッタリな季節。

 『〇〇の秋』 という言葉はたくさんありますが、今回は『芸術の秋』のお話です (*'▽')

  皆さんは、桂 福点さんをご存知でしょうか?

 「バリバラ」 や、パラリンピックの番組などに出演されている全盲の落語家です。
桂 福点
https://fukuten.info


  9月25(火)に講演会を聞きに行ってきました。

 落語以外にも全国で福祉や人権をテーマにした講演会で回っておられます。

 ご自身の生い立ちを…笑いを交え、脱線しながお話してださいました。

 会場では透明なビニール袋が配られました。

 この袋を眼の周辺にくっつけて半分ずつに折り曲げていくことで

 徐々に見えにくくなっていく様子を参加者に疑似体験しました。

  大阪芸大で♪療法を学ばれ、体操やご自身が作曲した笛の演奏も聴かせて下さいました。

 突如、イントロ当てクイズになり、思わず手を挙げると…

 思いがけずワンコーラス歌うことになってしまいました (´゚д゚`)

   また、聴覚障がい者にも楽しめるように・・・との思いから

 パソコンのプロジェクターを使ったメールの誤字のネタで、会場は大爆笑 。゚(゚^∀^゚)σ。゚

 私自身は、話の進め方から検討をつけて自分なりに楽しみました。

 イベントが終わった1時間後、偶然にも廊下でお会いし少しお話することもできた貴重で思いがけない日となりました (*´v`)

    さてさて、秋は何かとイベントも多い時期ですが

 当センターでも、視覚障がい者を対象にした“椅子ヨガ体験会”開催することになりました v(o゚∀゚o)v

 秋の終わり…11月最後の日曜日(25日)の午後のひととき…

 皆さんとご一緒できることを楽しみにしています (*^▽^*)

 ふるってお申し込み下さい。

 日時 : 11月25日 (日)   13:30 ~ 15:00

 詳細は当センターまでお問い合わせ下さい。

ハイキング報告

2016.12.14 18:10|【日々徒然】
  2016年度 ハイキング報告

開催日時: 2016年10月15日(土)   9:00~15:00

 2年ぶりのハイキングイベントで、昨年からの念願がかなって私市植物園に行ってきました。
当日はお天気にも恵まれ、視覚障がい者4名・ガイドさん2名・ステップメンバー3名の計9名が集まりました。
9時に枚方市駅に7名が集合し、14分発の私市行きに乗車し、27分に私市駅に到着です。
植物園入り口の受付で交野市内在住の視覚障がいの方とガイドさんの2名とも合流しました。
 この日は、植物園内で木を伐採し調査する「森の教室」というイベントに私たちも参加させてもらうことになりました。

 10時過ぎからイベントが始まりました。
伐採する杉の木のある森の奥まで移動しながら植物園研究棟の植松先生が様々な植物の説明をしてくださいました。
針葉樹と広葉樹のそれぞれの場所で空気が変わることを実感しながら移動しました。

 びっしりコケが付いている木や、急斜面に植えられている木、4人がかりで手をつないでようやく取り囲めるぐらいの
太さのある木など、様々な木や幹や葉に触らせてもらいました。
 途中で「しばらく説明はお休みしますので(一般参加者の皆さんも)視覚以外で歩きながら音やにおいを感じてみてください」と
おっしゃっていたのが印象に残りました。


 伐採する杉の木は大・中・小の3種類で大きな木から順番に植物園の男性職員さんたちが
協力し合いながらチェーンソーで気を倒していきました。倒す前にも触らせてもらいました。

 作業を間近で観察するのは初めてでしたが、思ったより早く(30秒足らず)気が倒れたことに驚きました。
他の木を傷つけないように神経をとがらせながらの作業は大変だと思います。
倒れた状態の気にも触らせてもらいました。

                 植物園2-1



 そして、その倒れた木に1mごとに印を付けて長さを測っていきます。
私たちが見学した木は34mありました。
 その後、印をつけた位置を切ってトラックに乗せます。
植物園4-1 植物園9-1 植物園5-1
  




 輪切りにした木を持ち上げたときの重さは「10㌔のお米と変わらないくらい」でした。
「見た目がきれいで、バームクーヘンに見える」と言っていた方もおられました。

 植物園3-1 植物園7-1 植物園6-1




トラックで最初に集合した場所に木を運ぶ間、来た道をルートを変えてゆっくり戻りました。
その間も植松先生やお手伝いで来られていた学生さんたちのサポートで様々な植物に触れました。


 お昼休みの後、13時から枝や葉の仕分け作業を体験しました。
軍手での作業は感覚がつかみにくいのでは?と、最初は片手に軍手をはめて枝の分かれ目を確認しましたが、
思っていたよりわかりやすく、切り離し作業は順調にいきました。

 13:30過ぎから植松先生と森の散策をしながら、またまた植物につえての説明をお聞きしました。
植物園で一番太い楠木を体感するために、先生が長いロープを用意してくださり、そのロープに1m単位でテープを
貼って長さがわかりやすいように工夫してくださっていて感動しました。

植物園1-1


 サボテンのようにどげどげした葉や熱帯でしか見られない大きな葉に触れました。
また、「ステビア」という、お砂糖の30倍とも言われる甘い葉や、ゴマの実の試食もしました。
「ステビア」は、口に入れた時は葉っぱそのものの味という感じでしたが、噛んでいるうちにじんわりと甘さが口の中で広がっていきました。

 14:30のイベント終了時間まで大変充実した時間を過ごせました。
暑くも寒くもない心地よい日に、ひんやりした森の空気や森林の香に癒されすがすがしい気持ちになりました。


 植松先生や「もりの教室」の小南先生、研究室の学生さん、植物園ファンクラブの皆さんなど、
様々な方のご協力で楽しくすばらしいイベントになりました。  本当にありがたかったです!!

 参加された皆さんもそれぞれに「楽しかった!近くに住んでいながらこんなに様々な体験をする機会はなく、貴重体験ができた」
と喜んでくださっていたようでした。
 これを機にまた違う季節に行きたいと思いました。 また、今後、植物園の皆さんと更なる繋がりがもてらばと思いました。

なお、植物園の入館料は、障がい者と介助者は無料です。
植物園の説明が聞ける「ガイドツアー」は水曜・土曜の13:30から行われています。
申し込みは不要で参加を希望される方は、当日事務所受付に集合とのことです。
 ただ、季節によっては、開催されていない時期や、開催時間の異なる時期もあるようです。
詳細をお知りになりたい方は、直接植物園にお問い合わせください。

お問い合わせ・・・
   http://.sci.osaka-cu.ac/jp/biol/botan/

   公立大学法人
     大阪市立大学理学部付属植物園
      TEL 072-891-2059 
      FAX 072-891-2101

  メールでのお問い合わせ・・・
  b-garden@sci.osaka-cu.ac.jp

★SORAって、こんなところ★

障害者地域活動スペースSORA

障害者地域活動スペースSORA
in 大阪府枚方市

いつ来て、いつ帰ってもいい、
ふらっと、立ちよってもらえる
居場所的なところ。  
困りごとを、相談することもできます。

くわしくは、下のページをクリック!

<SORAって、どんなところ?>
<SORAの場所と時間>
<SORAでは、相談もできます>

お問い合わせ

<SORA及び相談支援の利用、わらしべ会へのお問い合わせ>

SORA、相談支援、その他わらしべ会の事業のご利用等に関するお問い合わせは「社会福祉法人わらしべ会」ホームページ内メールフォーム、または同ホームページ内に記載してある電話番号・またはFAX番号までご連絡ください。


社会福祉法人わらしべ会の
ホームページはこちら↓

【社会福祉法人 わらしべ会】

<ブログに関するお問い合わせ>

ブログの内容についてのご意見・感想、お問い合わせ等がございましたら、下記メールフォームをご利用ください。

カウンター

メールフォーム

ブログに関するお問い合わせはこちらです

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ