FC2ブログ

4・16*SORADIO「世界はたのしいものであふれてる」

2021.04.16 13:00|ラジオ(SORADIO)
金曜午後は、そらいろブログ♪
第3金曜日の、今日はSORADIOです!

ロゴ

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

SORADIO 2021.4.16

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

皆さん、ごきげんようソラジオです。

今月も、ワラビと多彩なゲストの皆さんで
お届けします。


わらびさん

今回のテーマは
① 「世界はたのしいものであふれてる」
② 皆さんからのお便りコーナー
テーマは、「かってに、ふきだし」
③ 来月のお便りコーナー



では、さっそく
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
 
「世界は、たのしいものであふれてる」

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ここ数年、コロナで
行きたいところに行けない、会いたい人に会えない・・・日々
でも、そうして過ぎる日々も、
自分の大事な時間。
コロナで、我慢するだけでは、やるせない。
そんな時でも、世界には楽しいことや
すてきな出来事は起きている。
こんな時だからこそ
世界に思いをはせて、知らなかったことに
触れてみたい。
もしかして、何かが始まるかも?
そんな、気持ちで始めたコーナーです。


今回は、楽器「オカリナ」です。

publicdomainq-0012128ose.jpg

オカリナを長年されているポテ子さん
オカリナの魅力を
お話を聞きます。もしかし 演奏してくれるかもー
では、どうぞ―。





あー今も、音色が耳に残っています。
ポテ子さん、本当に、ありがとうございました。

私も、とんずらしていた、ウクレレ
もう一回、始めようかなー



皆さんからのおたよりコーナーです。
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

テーマは「かってに、ふきだし」です。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

皆さんから、たくさんお便りいただきました。

スーパーで売られていた、「ソラマメ」たちに
吹き出しをつけてもらいました。


吹き出し0



今回のゲストは、昨年6月10日のソラジオで、
ものまねを披露していただいた、

しがらき やきこさんと、 ふじた まことさん
再度、こりずに登場していただきましたー。
たのしいトーク お聞きくださいー。




黄金バットのものまね 
久ぶりに聞きました。「うぉっはっはっはっはー」
黄金バット

最強のコンビでしたね。
ありがとうございました。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

くらげさんより、ちょっと 合間に「お知らせコーナー」

20https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=202#200702214156199.png

今回は、関西では、4月16日に公開される
感動のドキュメンタリー映画
「僕が跳びはねる理由」をご紹介します。





この映画の原作は、
2007年、中学生だった自閉症の東田直樹さんが、
「手のひらをひらひらさせるのはなぜ」など
50以上の質問に、
文字盤ポインティング(またはパソコン)を使って答えた本です。

人と会話することは難しいですが、
自分の思いや考えを文章で伝えることができます。
彼の内面の豊かさ、自らを見つめる冷静さ、
伝えようとする姿勢に驚かされたものです。

本は30か国以上で、翻訳され、ベストセラーとなりました。
昨年、イギリスで作られたこの映画は、
世界各地の5人の自閉症の少年、少女たちの姿や家族の話を聞き、
自閉症者の内面と行動への影響、
自閉症という障害が意味するもの、
”普通”といわれている人たちと
どのように異なって映っているかを追及していきます。

そこには驚きと発見があります。
多様性が問われる今、誰もが共感できる映画です。


4月16日~シネ・リーブル梅田で公開予定です。
上映時間は、同映画館のホームページか、電話で問い合わせください。
℡ 06-6440-5930




最後のコーナーです。
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

来月の「おたよりコーナー」
テーマは、「思い出のあの味一品」です。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

 ・あの時の、あのご飯
 ・あの場所で食べた、あれ
 ・あの人に作ってもらった、あれ・・・

publicdomainq-0014504tpp.jpg

※ 思い出の一品の理由も教えてくださいね。


締め切りは、5月7日(金)です。
皆さんの おたよりお待ちしています。

では、また来月 お会いしましょー。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

・ソラジオ または SORADIOあて
・ラジオネーム
・ご意見や、テーマへのコメント

メール tikatu.sora@gmail.com
FAX  072-868-3305  まで

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

 金曜午後は、そらいろブログ♪
 来週の第4金曜日、4月23日13時に更新。
 記者は、ケチャップです。
 お楽しみに♡
スポンサーサイト



4・9*しおりんブログ「聞こえる画像に変える『代替テキスト機能』」

2021.04.09 13:00|未分類
金曜午後は、そらいろブログ♪
第2金曜日の、今日は、しおりんです!

しおりん


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

しおりんブログ「聞こえる画像に変える『代替テキスト機能』」

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

みなさんこんにちは。

今日は私が使っているSNSの話です。私は、ツイッター・フェイスブック・インスタグラムなど、色々なSNSを使っています。
それらのSNSを見る時に、すごい!と思う機能がありました。

それは、画像説明の機能です。
『代替テキスト』というものがあり、AIが画像を認識して読み上げ機能を使って説明してくれる機能です。
(代替テキストとはWebサイト内に含まれている画像や動画が何らかの原因で表示されなかったときや、
 視覚に障害のある方などが音声ブラウザを使用する際に、代わりに表示するテキストを指します。 )

もともとこのテキストは、WEBサイト上にある画像が、何かしらの問題で、
表示されなかった際に、その画像の内容を説明するテキスト(文)が表示されるように設定したものだそうです。
これが視覚に障がいのある人には有効で、音声読み上げ画像の内容をユーザーに伝えることができます。

事前にテキストを入力しておく必要があります。音声で操作するときにとても便利で、
たとえば「画像に含まれている可能性のあるもの、人、屋外」「テーブル、食べ物」という風に音声で教えてくれます。
写真の内容がわかると、それだけで得られる情報が増えるので、
目の見える人と同じように楽しめるので嬉しいです。インスタグラムに載っている景色の写真や、食べ物などの写真で
「テーブル、皿、食べ物」と説明してくれたり、「空、雲」のように説明してくれるので便利に使っています。

最近、ツイッターで視覚障がい者ではない人が画像の説明を入力してくれていてうれしいので、
もっとこの機能が広まってくれたらなと思います。


【↓ツイッター投稿画面に選択ボタンが出てきます】
21-02-24-14-17-35-687_deco.jpg 21-02-24-14-18-07-337_deco.jpg


『代替テキスト』は自分でも編集できますが、書き換えなくても物や人を認識してくれることが多いので、すごいと思います。
LINEにも、テキスト変換の機能があって、画像に書いてある文字を音声で確かめることができるので、最近よく使っています。

最近、フェイスブックの代替テキストがアップロードされるという記事を読みました。
人が何人映っているか、どういう配置で並んでいるかなども、もっと詳しい説明が追加されるようで、今からとても楽しみです。




★iPhoneで読み上げ設定をする方法
https://blog.formzu.com/ios_speech_function#i
★アンドロイドで読み上げ設定をする方法
https://support.google.com/accessibility/android/answer/7349565?hl=ja

4.2 くらげのクラクラひとりごと

2021.04.02 12:11|★本・雑誌・映像
金曜午後は、そらいろブログ♪

20200702214156199.png

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

くらげのくらくらひとりごと

20200702214156199.png

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ほん(本)のちょっとコーナー・拡大版

加納 土・著『沈没家族 子育て、無限大。』に魅かれました!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
-90年代の東京、シングルマザーの穂子(著者の母)は共同で保育をはじめた。
 大人になった著者は、かつての保育人たちに出会いなおしていく。
 家族をめぐる、ちょっと変わった旅の記録。(出版社より引用)-
     本の詳細が知りたい方はここをクリックしてください
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

生後8か月、著者・加納土さんの母親・穂子さん(22歳)が、
保育人募集のチラシを作り蒔いたことから、沈没家族はスタートします。
時は1995年、場所は東中野。
「子育てなんて一生できないかもしれませんよ」という穂子さんの殺し文句で
チラシではなく人が人を呼び、集まり、シフトを組み、気づいたことを書く保育ノート、
月一回保育会議、フリーペーパーも発行されます。
たまたま拾ってきた政治家のビラに「今の日本は家族の絆が薄くなっている。・・
男は外に働きに出て女は家を守るという伝統的な価値観がなくなれば
日本は沈没していく」とあり、それでは私たちのやっていることは沈没家族だねと、
フリーペーパーの名前となりました。

穂子さんから保育人に対し、こうしてほしいということはなく、
できることをできるだけ、それぞれでかかわってほしいということだけ。
子育て経験のない人たちが、自分一人で、泣きわめく子どもと対峙する、
能動的に子育てに立ち向かう・・膨大な映像や文書記録が残されました。

筆者は、2歳半まで沈没家族での共同保育、8歳まで母子2組と若者数人での共同生活、
18歳まで穂子さんとふたりで八丈島で暮らしました。
沈没家族をテーマにした大学の卒業映画作り、その後劇場版の制作を通じて、
共同生活でともに育っためぐさん、保育人たち、別に暮らした父親、
母親の穂子さんにインタビューし、
残された資料と合わせ、この本を書きました。

160103_035a_TP_V4.jpg


沈没家族当時、母親の穂子さんは写真の専門学校に通いながら、
水道の検針員の仕事をし、月収14万にプラス児童手当等5万円でアパート暮らし。
経済的にはかなり苦しく、保育人とはお金のやり取りはなく、
食事とビールくらいはふるまっていました。
世界には様々な大人がいて、価値観もそれぞれ、筆者は選ぶことを学び、
いつも大人の誰かがいてくれる、みていてくれる安心感の中、
飢えることなく生き延びることができたと語っています。

保育人募集のチラシに
"私は、土に会いたいから土を生んだのです。
ハウスに閉じこもってファミリーを想い、
他者との交流のない生活でコドモを(自分も)見失うのは、
まっぴらゴメンです"とあるように
穂子さんは、血縁など閉じた集団からの解放を求め、今も、
八丈島で、月一回、
ヘルパーとしてかかわった利用者他様々な人が集まり、
皆で考えた企画をしたり、飲み食いする「うれP家」をしています。
同時に、社団法人「八丈島ドロップス」を
仲間とともに立ち上げ活動しています。
地域活動支援センター[よごけん]と
自然養鶏[とーとーめ]とヘルパーステーション[ドロップス]の三事業です。

aomidori0I9A8962_TP_V4.jpg


かつて、労働運動をはじめさまざまな社会的課題の解決を目指し、
社会運動が盛んだった時代があります。
障害者の解放運動、自立を応援、支える介護者の集団もありました。
"沈没家族"は、共同保育を目指す運動のひとつかもしれませんが、
思想的には一つに集約されずゆるく、
それぞれの求めに応じ、
集まり、かかわっていたようです。
そこに行けば誰かがいる酒が飲める、子供と触れ合える、癒される、
こころの調子が悪くあまり交流したい気分じゃなくても、そこに行けば落ち着く
社会的な意義を感じる・・など。
時代の社会構造からくるニーズとともに、社会運動があったからこそ、
育児の社会化で保育所が整備され、
介護の社会化で介護保険、障害者総合支援法が制定されてきたのでしょう。
まだまだどちらも不十分ですが。
ただ、これから(実質はアフター・コロナかもしれませんが)、
求められていくのは、
ゆるーいつながり、そのままの存在でいることが許され、歓迎されている空間かもしれません。

開かれた風通しの良い
"そよ風のようなひととのつながり"にくらげは魅かれます。
家族の形もたくさんあっていいし、なんなら、家族と呼ばなくてもいい。
ひらかれたひととひととのつながり、集まり・・
そこに育児、介護も含めることはできないでしょうか。
決して、きれいごとでは収まらないことは分かってはいても夢みてしまいます。
くらげの、閉じた集団に対する恐怖、嫌悪感はあまりに強くあります。
いったいどこからくるものなのか自分でもわかりませんけれど。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

 金曜午後は、そらいろブログ♪
 来週の第2金曜日、13時に更新。
 記者は、しおりんさんです。
 お楽しみに♡

3・26 ワラビの「うたの旅」ーまど みちおさんの詩ー

2021.03.26 13:00|ラジオ(SORADIO)
金曜午後は、そらいろブログ♪
第4金曜日の、今日はわらびさんです!
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ワラビのうたの旅 ~まど・みちおさんの詩~

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
ワラビの「うたの旅」です。

先日 本屋さんで「暮らしの手帳」という雑誌を
買いました。

暮らしの手帳


戦後間もない1948年に
「もう二度と戦争を起こさないために、
一人一人が暮らしを大切にする世の中にしたい」
という理念のもと創刊された雑誌です。

以前の形(昭和のにおいがします)と比べて、
カラフルになり、すこしおしゃれになってきていますが、
日々の暮らしを大切にしたいという思いは変わらない雑誌で、
忙しい毎日に流されるなか、
ちょっと 立ち止まり
自分に戻れるような気持にさせてくれる・・・そんな雑誌です。


今回ご紹介するのは、
「暮らしの手帳」に載っていた詩の紹介です。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


詩人 まど みちおさんの詩です。


―まど みちおさんのことー

詩のほかに、童謡や、絵本も作られています。
おとなもこどもも知っている
「ぞうさん」 ぞーさん ぞーさん だーれがすきなの~
animal_zou.png

「やぎさんゆうびん」 しろやぎさんから おてがみついた~
tegami_yagi_black.png

「ふしぎなポケット」 ポケットのなかには、ビスケットがひとつ~
も有名です。
pocket.png

104歳で亡くなられるまで、ずっと詩を書きづけて来られました。
戦時中に、戦争協力詩を書いたことをずっと後悔され、
出される本のあとがきに、
その思いをつづられているそうです。

まどさんの詩には、
「生きること」「存在すること」のふしぎと尊さが込められています


まど・みちお | NHK人物録 | NHKアーカイブスで
紹介されています。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


 「ものたちと」    まど みちお


  いつだってひとは ものたちといる
  あたりまえのかおで

  おなじあたりまえのかおで ものたちも
  そうしているのだと しんじて

  はだかでひとり ふろにいるときでさえ
  タオル クシ カガミ セッケンといる

  どころか そのふろばそのものが もので
  そのふろばをもつ すまいもむろん もの

  ものたちから みはなされることだけは
  ありえないのだ このよでひとは

  たとえすべてのひとから みはなされた
  ひとがいても そのひとに

  こころやさしい ぬのきれが1まい
  よりそっていないとは しんじにくい


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


読み終わって

そばにある
はげたテーブル 
茶渋のついたゆのみ
冷蔵庫
なべ
やかん
よれよれのふきん・・・・


じっとみました。

コロナで人との
距離をかんじる今
それでも
ものたちは、
いつものように
まわりに そんざいする
気持ちがにぎやかになりました。



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

 金曜午後は、そらいろブログ♪
 来週の第1金曜日、4月2日13時に更新。
 記者は、クラゲさんです。
 お楽しみに♡

3・19*SORADIO「世界はたのしいものであふれてる」

2021.03.19 13:00|ラジオ(SORADIO)
金曜午後は、そらいろブログ♪
第3金曜日の、今日はSORADIOです!

ロゴ

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

SORADIO 2021.3.19

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

皆さん、ごきげんようソラジオです。

3月ですねー。梅や桜が咲き、鳥たちが
ピーチク、パーチクにぎやかになります。
うぐいすも鳴き始めました。
コロナで人間は、あたふたしているときも、
ちゃんと自然はその時を知っているんですね。


今回のテーマは
① 「世界はたのしいものであふれてる」
② 皆さんからのお便りコーナー
    テーマは、「私のお気に入りの花」」
③ おしらせコーナー「ワクチン接種」
④ 来月のお便りコーナー



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ではさっそく  
「世界は、たのしいものであふれてる」

世界には、まだまだ知らない楽しいものがいっぱい。
そこで、その道を楽しんでいる方に登場してもらい
お話を聞かせてもらうことにしました。
今回は「つりの達人?」にお話を聞きます。
ゲスト:すずきアジ太郎さん

   



太刀魚
太刀魚
はまち・ソラジオ
はまち


バリアフリーの釣り場
南港魚つり園護岸
南港の南埠頭の西端にある防波護岸を釣り場にした大阪府で唯一の海釣り公園。
釣り竿レンタルあり。

大阪市住之江区南港南6-9-3
06-6612-2020
(アクセス)
南港ポートタウン線「フェリーターミナル駅」から
バスで(大阪市バスで「南港南6丁目」下車すぐ)


※事前に設備などご確認ください。




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


皆さんからのおたよりコーナーです。
テーマは「わたしのお気に入りの花 」
皆さんから、たくさんお便りいただきましたー。
皆さんからのおたよりで、気持ちは春爛漫です。

今日はゲストに「しおりん」に登場していただきます!

しおりんは、毎週水曜日SORAに来ているスタッフです。
毎月第2金曜日には、視覚障害者の当事者目線の
たのしいブログ記事も書いています。
そちらもぜひご覧くださいー。


わらびさん  しおりん



【花ことば】

桜
桜:純潔   

チューリップ
チューリップ:おもいやり  

ヒマワリ
ひまわり:あなただけを見ている

あじさい
アジサイ:移り気   

つくし
つくし:向上心

チングルマ
チングルマ:可憐   

桔梗
桔梗(ききょう):永遠の愛

コスモス
コスモス:乙女の真心   

朝顔
朝顔:愛情




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


ちょっと 合間に「お知らせコーナー」

コロナ感染拡大予防
「ワクチン接種」について


3月号のひらかた公報(P2~3)でも、お知らせがありました。
現在、医療従事者等から接種が始まっています。

ワクチンのこと

・新型コロナウイルス感染の発症や
重症化を防ぐため開発されたもの。

・2回接種が必要。

・ワクチン接種の副反応は
100%起こらないとは言えない。
心配な人は主治医に相談されてもいいでしょう。

・また副反応が出た場合、
国による健康被害救済制度もあります。

・料金は全員が無料です。

・手順
市から 「接種券」が郵送されます。→ 
枚方市新型コロナワクチン予約・相談センターに
電話予約、又は
市のコロナワクチン予約システムから
インターネットで予約→
予約した日時・場所で接種
(接種券も忘れずに持っていく)


わからないことがあれば、
主治医や
枚方市専用相談窓口
(TEL841-1253 FAX841-5711)
に相談しましょう。




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆



最後のコーナーです。
来月の「おたよりコーナー」

テーマは、「かってに 吹き出し」です。

今回の写真
「スーパーで売られていた、今が旬のそらまめです。」



写真を見て、想像でかってに吹き出しのセリフをつけてみてください。

吹き出し


締め切りは、4月2日(金)です。
みなさんの想像力を楽しみにしています。

それでは、また来月お会いしましょー。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


・ソラジオ または SORADIOあて
・ラジオネーム
・ご意見や、テーマへのコメント

メール tikatu.sora@gmail.com
FAX  072-868-3305  まで

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

 金曜午後は、そらいろブログ♪
 来週の第4金曜日、4月16日13時に更新。
 記者は、わらびです。
 お楽しみに♡

★SORAって、こんなところ★

障害者地域活動スペースSORA

障害者地域活動スペースSORA
in 大阪府枚方市

いつ来て、いつ帰ってもいい、
ふらっと、立ちよってもらえる
居場所的なところ。  
困りごとを、相談することもできます。

くわしくは、下のページをクリック!

<SORAって、どんなところ?>
<SORAの場所と時間>
<SORAでは、相談もできます>

お問い合わせ

<SORA及び相談支援の利用、わらしべ会へのお問い合わせ>

SORA、相談支援、その他わらしべ会の事業のご利用等に関するお問い合わせは「社会福祉法人わらしべ会」ホームページ内メールフォーム、または同ホームページ内に記載してある電話番号・またはFAX番号までご連絡ください。


社会福祉法人わらしべ会の
ホームページはこちら↓

【社会福祉法人 わらしべ会】

<ブログに関するお問い合わせ>

ブログの内容についてのご意見・感想、お問い合わせ等がございましたら、下記メールフォームをご利用ください。

カウンター

メールフォーム

ブログに関するお問い合わせはこちらです

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ